「プーと大人になった僕」(Christopher Robin)

LINEで送る
Pocket

ゲーセンではUFOキャッチャーをよくやります。

あと音ゲーとか。

 

どうも、クロです。

 

 

9月14日公開の実写版くまのプーさんを見てきました。

日本語タイトルは「プーと大人になった僕」

ちなみに見たのは字幕版です。

 

くまのプーさんって、ものすごく好き!!!

ってわけでもなかったんですけど、なんか終始涙が止まりませんでした。

 

 

でも多分、その理由は自分も10年以上大切にしているテディベアがいるからかもしれません。

いまだにベッドの上とか、ソファの上とかにいたりします。

(りんごが好物でしかもよく喋ります(CVクロで))

 

ここから先はネタバレも込みになってくるので、ご注意ください!

 

 

 

話の流れとしては、

大人になったクリストファーロビン(主人公)が何十年ぶりにプーさんと再会する、というのが主軸なんだけど、

 

もうとにかくプーさんの言葉が刺さるんです。

これ人間が言うと強すぎるんだけど、プーさんが言うとまっすぐ受け取れるって言うのかな。

 

「幸せ」ってなんだろう?とか

「いつから自分は自分じゃなくなってたんだろう?」とか

「本当に大切で守りたいものはなんだろう?」とか

 

色々なことを考えちゃいます。

 

映画の中でも大切にされている言葉の一つに

「最高の何かは「何もしない」から生まれる」

って言葉があるんですけど、

 

今の私たちが「何もしない」ことの難しさ。

 

その対極にある、会社の上司からの

「何もしない」からは「何も生まれない」

君は、沈みかけた船から「何もせず沈んでいくのか」それとも「何かをして生き残るのか」

 

この言葉に、現在って表されてるのでしょうか。

みんな何かと戦って、生き残ろうとしているように思えますよね。

 

「何かする」その行動から「何かは生まれる」

それは間違ってないと思います。

 

けど、

「何もしない」って「何もしてない」訳ではないと思うんですよね。

 

うまく言葉では言えないのだけど、

「何もしない」って忙しい

ってエンドロールの曲があるんですけど、それも一里あるなって。

 

「何かしてるようで何もしてない」より、

「何もしてないようで、何かしてる」方が私はいいなって思います。

 

 

この映画の脚本的コンセプトはここかと思うのだけど、

他にもたくさん語りたいとこはあるのです。

 

普段のブログならここで終わってるけど、

書き足りないので、気がすむまで書きます。笑

 

 

まず、語りたいこと①

主演のユアン・マクレガーについて。

 

個人的に好きな俳優さんで、主役やられてる作品が自分の好みの素敵な作品ばかりなので、今回鑑賞の1番のきっかけになった部分だったりします。

 

プーさんと再会するまでの、悪い意味で大人になってしまった僕

仕事が第一で、常に先の未来のことを考えてる人。

(将来いい仕事つく為に、いい生活を送る為に、’現在’を犠牲にする人)

 

プーと再会して、100エーカーの森まで送り届ける時のクリストファー・ロビン

会社の部署の存続がかかった仕事の最中でピリピリしているロビンと、

久々の再会が嬉しくって「君は君のままだよ」というプーさん

 

100エーカーの森に着き、まだあったんだ。と昔を懐かしみつつも仕事のことが頭から離れないクリストファー

頭の回転が遅いプーに対してイライラして怒ってしまい、

またプーの方も「僕、友達やめてもいいよ」と申し出ます。

(ここのシーンが個人的に一番ぐさっときました)

 

はぐれたプーを探す、昔のロビンに戻ってきたクリストファー

人が生き生きした姿だ!って思いました。

 

「あなたの笑顔、何十年も見てないわ」

という奥さんのセリフで、ここの笑顔が感慨深くなりますね。

 

そして、全てが解決して家族で100エーカーの森にいく姿。

本当に大切なものを見つけ、幸せな家庭を取り戻し、昔の仲間ともまた昔のように仲良く楽しい時間を過ごせる。

 

もうね、ユアンはどのシーンも、目で語るんですよ。

息にもならないような感情を目で語るんです。

 

 

語りたいこと②

プーさんたちぬいぐるみ

 

 

このアニメーションとも違うぬいぐるみのタッチ。

でもここで大事なのは、そこではないんです。

 

もちろん見た目も所作も、考え方も可愛いのですけど、

それ以上に私がすごいなって思うのは、

ぬいぐるみだってこと。

 

つまりぬいぐるみだから、過度に表情が変わったり口が動いたりしないんです。

 

ぬいぐるみの顔は変わらないのに、

喜んでいるように見えたり、悲しんでいるように見えたり、

今こんなことを考えてるのかなって思わせたり…

 

ぬいぐるみ、って見てる人によって受け取れるものが違うんでしょうね。

 

その受け取り方の一つをユアンは、クリストファー・ロビンとして演じていたわけで。

 

極端に悲しそうな顔されたり、悲しそうな声で言われるよりも、

淡々といつもと同じ顔で、悲しいこと言われる方が、

よっぽど応えるように私は思いました。

 

プーさんは基本的に喋るのは遅いのだけど、

その遅いって部分が気になるようなことはなく、全体的にテンポ感もいいのが演出の見せ所だなとも思ったり。

 

 

そして最後、語りたいこと③

作品の中での色使い。

 

この作品、全体的に色の話をすると、暗いです。

 

いわゆるディズニーって色鮮やかなものが多いのですけど、

この作品は、ほとんどのシーンが暗いです。

 

 

その理由はいくつかあると思うのですが、

・舞台であるロンドンは基本的に天気が悪い日が多い

・第二次世界大戦後の話なので時代背景的にも暗い印象

という、事実に基づいた部分と、

 

「この森は君がいる時は天気がいい気がする」みたいなプーのセリフがあって、

クリストファー・ロビンの心情が色の鮮やかさで描かれている。

と私は思います。

 

ただこの作品、

ラスト以外はクリストファーロビンの頭の中には仕事のことしかなく、

わりとずっと暗かったりします。

 

ただその中でも、プーさんが欲しがる赤い風船は鮮やか。

「僕はこれがあると幸せになれるんだ」

ってセリフを表現するための演出なんでしょうね。

 

風船って本編でも出てきて、はちみつを取る為に使ったりもしてるので、

プーさんが風船が好きな理由ってその辺にもあるのでしょうけど、

 

「自分はこれがあったら幸せ」

って心の底から知ってる人は案外少ないような気がします。

 

プーさんは頭が弱いかもしれませんが、

大切なことがちゃんとわかってるんですよね。

 

 

生活するための仕事の仕方とか、テストで点を取るための知識も大事だけど、

ほんとに大切にしなきゃいけないことって、そう言うことじゃなくて、

もっと身近で、でも気づいたら忘れてたりして、

自分の心に素直になることってなんでこんなに難しいんですかね。

 

灯台元暗し、といいますか。

 

 

 

大切なことに気づくきっかけをもらえる映画だと思いました。

クリストファー・ロビンが大人になったように、

みんな大人になる過程で見失うものって絶対たくさんあると思うから。

 

 

 

いや、今回は語らせてもらいました。

まだ上映期間はしばらくあると思うので、気になった方はぜひ。

プーさんの言葉で心、溶かしてきてくださいな。

 

 

 

余談ですが、

私は冒頭の子供クリストファーとプーさん達のお別れ会で既に大号泣でした。

LINEで送る
Pocket

ファンタスティックビースト 鑑賞!

LINEで送る
Pocket

キッチュ!

 

 

どうもエリザベートを観たいクロです。

 

 

そういえば

今年の帝劇のエリザベート

 

DVD出るらしいですね。

 

 

 

城田トート

みたいなぁ

 

山崎ルキーニ

みたいなぁ

 

 

 

エリザベート大好きなのに

まだ生で観たことありません。

 

 

 

 

さてさて

 

 

キッチュ

 

ならぬ

 

キッシュ!

 

 

を食べて来ました。

 

 

 

 

青学のそばにある

「キッシュ ヨロイヅカ」

 

 

ここのキッシュ食べたい!

って話すと

 

食べたことある。

 

 

 

ってみんな返事するから

 

 

やっと仲間いりできました!

 

 

 

なんと17時までランチも食べれましたよ!!

 

ランチプレート!

パスタかキッシュ2個か選べます

 

サクサクで旨味が口に広がる

とってもおいしいキッシュでした。

 

 

 

そして、

 

ハリーポッターシリーズの新作。

 

「ファンタスティックビースト」

 

も観て来ました。

 

 

 

ネタバレはしないけども

 

正直、期待してたほどではなかったなぁ。

 

 

 

 

 

 

とにかく

主役のエディレッドメインがかっこいい映画です。

 

彼の前作

リリーのすべても劇場で見ました。
うん。イギリス人。かっこいい。

 

 

 

ハリポタといえば

ホグワーツで魔法の勉強

 

みたいなイメージだったけど

 

 

今回の舞台はNY

 

しかも時代はハリーたちの50年くらい前かな?

 

 

 

たまに知ってる名前は出てくるけれど

ハリポタに関わる内容は、続編で

 

という感じがしましたね。

 

 

 

 

ファンタビはハリポタの知識があることを

作られてる作品なので

 

これだけ見るとあまり楽しめないかも

 

 

 

あと、最初の新聞を見るシーンに

今回のストーリーの重要なポイントが

書かれているので

 

これから見る方は

 

映像としての楽しさだけでなくて

 

その時代の魔法界の状況を

頭の中ではっきりさせておくといいかもです。

 

 

私は、何が何だかで

最初置いていかれました。

 

 

 

主人公ニュートに巻き込まれる

パン屋を開きたいコワルフスキー?さんが

 

 

とってもいいキャラでした。

リアクション最高すぎ!
 

“ファンタスティックビースト 鑑賞!” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

金メダル男!見て来たよ!

LINEで送る
Pocket

金メダル男

 

いつかバク転がやりたい

 

 

 

 

クロです。

 

 

 

アクションシーンに欠かせない

 

バク転をやってみたいです

 

 

 

いきなりなんでバク転の話かって?

 

 

それは今回のメインテーマ

 

内村光良さんに影響を受けたからです

 

 

 

はい、ってことで

 

私の大好きな俳優というか芸人

時には映画監督の

 

内村さんの最新作

『金メダル男』

 

 

 

を見て来ました!

 

あえて写真は本の表紙版。笑

 

 

 

しかも、前回舞台で共演した

大好きなナオミさんと一緒に!!

 

 

 

大好きづくしで幸せな1日でした。

 

 

 

 

はぁ・・

 

今思い出してもため息が出ます。

 

 

 

 

さて映画ですが

 

もう、ファンにはたまらないですね

 

最高でした。

 

 

内村さん監督の映画は

『ピーナッツ』

『僕達の交換日記』

 

ともに見てますが

 

 

今回も

内村さんの人柄が表れた

素敵なハートフルコメディになっています

 

 

 

内容は本を購入して知ってたので

(本当は原案の一人舞台も見たかった)

 

 

役者の演技やBGM

セットに演出と

 

いろんなことに目を向けながら見てたんですが

 

 

 

とにかく配役が素晴らしい

 

この映画

 

子供時代から

大人時代まで

 

描く映画なんですけど

 

子役と大人役が

とてもいい距離感で似ている!

 

 

んで役者さんたちが

本当に楽しそうで

笑いを狙ってて

 

もういろんなとこで笑いました

 

私だけ笑ってるのも多かったけどww

 

 

 

あと、私の好きな俳優さん

 

大泉洋さんに

ムロツヨシさん

木村多江さん

 

って一度に何度おいしんだ状態。

 

 

 

もうとにかく楽しかった。

 

 

時代の移り変わりに

長続きしない主人公の性分のせいで

 

ロケ地の数が半端なさそうな作品です

 

 

田舎にいるし

東京に出てくるし

世界に旅出るし

無人島漂流するし

いろんな仕事やるし・・・

 

本当にお疲れ様です

 

いつも素敵な作品と

たくさんの笑いをありがとうございます

 

 

 

私もこういう映画撮りたいなぁ

 

ちょっと長くなりそうなんで

 

 

もっと聞きたい方はお茶行きましょう。笑

 

 

 

お昼ご飯、おいしかったなぁ

 

 

ナオミさんと一緒に!

自撮り久しぶりでぶれぶれ。

 

 

“金メダル男!見て来たよ!” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

8月映画ランキング!

LINEで送る
Pocket

モダンタイムス

という本を読みました。

 

小説です。
伊坂幸太郎です。

 

上下巻のミステリーものです。

 

近未来、あるワードを検索すると事件に巻き込まれる

 

その裏にある壮大な隠蔽。
代々伝わる不思議な超能力。
真実は何なのか分かりづらいネット社会。

 

人は分からないものに出会ったら
まずは検索する。

 

これがこの作品のキーワードなんですが

 

検索するということは同時に検索されること

 

システムっていうのは
作り出すもの

 

に見えて、いつの間にかあるもの

 

なんですね。

 

いつの間にかこう決まっていたから
これはこういうことになる

 

それがシステム。

 

私の語彙力と知識じゃ説明つかないので

 

作中に登場する作家、伊坂好太郎の言葉だけ紹介して本編に移行します。

 

つまりだ。
人生は要約できないんだよ。

 

さてさて
9月も半分ってところで

 

やっとこさ8月の映画ランキング〜o(`ω´ )o

 

といっても7本しか観てなかったけど。

 

なのでベスト3!で!

 

1位 アマデウス
3時間の超大作!ピーターシェーファー原作で、ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトとサリエリの話。この映画の見所は、衣装とセットの美術的要素、モーツァルトの楽曲のBGM、そして二人の人間関係です。生活に苦しむが、天才モーツァルトと、彼の才能を誰よりも理解し尊敬し嫉妬しているサリエリ。自分がモーツァルトを死に追いやった、と語る冒頭の老サリエリのシーンから引き込まれます!

 

2位 アバウトタイム 愛おしい時間について
代々タイムスリップの力をその身に宿す家系の主人公。父はこの力で一度の人生では読みきれないほどの本を読んだと聞き、自分は愛にこの力を使うと決める。
運命的な出会いを、友人のために時間を戻してなかったことにしてしまったり、失敗したらすぐに戻してパーフェクトな自分をアピールしたり、とタイムスリップで1つのシーンを色んな様子で楽しめます。この映画のサブタイトル、愛おしい時間について、の意味がきっとわかるはず!

 

3位 未来世紀ブラジル
一部から超絶な人気を誇るカルト映画。いや、なんでブラジル?って思うけど、そこは置いておいていい。笑。
近未来、超情報管理社会。なんだけどあっちもこっちもダクトだらけですごく繋がってる感がある。内容云々じゃなくて言葉に形容し難い独特な世界観がある。

 

少ないけど、いい映画に会えたなぁ

 

アマデウス、原作読んでみよーっと。
シェーファー好きだし!

 

しかしな、、

 

言葉で説明するの
もっと上手くなりたいわ。

 

仕事でもここは伸ばしたいポイントやし。

 

書くしかないんだけどね。

 

ってことで

 

サボらず
焦らず
自分らしく

 

これからもブログ
3日に一度以上のペースで更新します〜

 

ではでは!

“8月映画ランキング!” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

6月映画ランキング!

LINEで送る
Pocket

七夕ですね〜

うちは 毎年帰り道の笹を持って帰って 短冊も書きますよ

笹って切るの難しいんですよね ハサミ無しだと勝率5割くらい
昔は学校帰りに無駄に笹を振ってたなぁ

最近は猫じゃらし振り回しながら帰ってますがねww

さてさて 無駄話はこれくらいにして
先月個人的に見た映画で 勝手に映画ランキング!
のコーナーです。

6月は舞台観劇が多かった分映画は見てる本数が少なめです。
数字的には
舞台 6本 映画 17本
1日1本の30には遠く及ばない結果。
見てるのが少ない分 先月はあまり当たりがなかったなぁ

では! ベスト3でいきます!

1位 俺たちに明日はない 原題 ボニー&クライド  1930年頃にアメリカで銀行強盗をしていた、クライド一味の実話に基づいた映画。同作のミュージカルが見たくて、勉強的に鑑賞したのですが、ラストがすごいです。

2位 打ち上げ花火 横から見るか、下から見るか 岩井俊二監督の短編。元はテレビドラマだったそう。いわゆるifもののストーリーで、子供達の素朴な演技が印象的。ジャケットの打ち上げ花火を背景に、横に、横から見るかの文字、下に、下から見るかの文字、があるデザインも好きです。

3位 ブリジット・ジョーンズの日記2 きれそうな私の12ヶ月 前作の続きで、付き合い始めた2人の結婚までの道筋。相変わらずおっちょこちょいで憎めないブリジットが面白いです。特にスキーのシーンは最高でした。でも1番記憶に残ってるのは、占いモード。本編にちょくちょく質問挟んできて、最後にあなたはどっちの彼派かを教えてくれます。

そしてちょっと番外編なんですが
先月はファーストガンダムも見ました。

あの有名な
認めたくないものだな。自分自身の若さ故の過ちというものは。
とかあの名言満載のファーストシリーズです

といってもアニメシリーズじゃなくて 総集編的な映画見たんですけどね。
機動戦士ガンダム 機動戦士ガンダム 哀・戦士編 機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙編

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

の4本。

ガンダムはSEEDと00世代だけど
基本はファーストのなぞりなのかなぁ

出てくるキャラクターはそれぞれ魅力的で、好きなキャラたくさんいますが!

アスランとかイザークとかセツナとか…

ガンダム見て1番思ったのは シャアって結構仮面脱ぐんだってこと。笑
仮面の下カッコよすぎるだろ…

あれで20代で大佐とか、超絶エリートですね。

じゃ番外編もこの辺りで。

それでは! クロ、いきまぁーす!!笑

“6月映画ランキング!” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

5月に観た映画でランキング。

LINEで送る
Pocket

どうも、楽器ではヴァイオリンが一番好きなクロです。

注:この情報は以下、何も関係ありません。

 

いいですよねぇヴァイオリン。
音色も形も弾き方も、弾いてる人も素敵です。

 

あまり弾けないけど、なんだか久しぶりに触りたくなってきました。

 

さてさて、
今月もこの時がやってきました。

 

1日1本映画!
5月度のランキング!!

 

私が先月観た作品の中でベスト5
を選んで見るコーナーです。今決めました。

 

まず、先月は31日中27本の映画。
1日1本!クリアならずな月でした。

 

そして、気になるランキングは、、、!!

 

1.インディ・ジョーンズ 最後の聖戦
2.ズートピア
3.ゴーンガール
4.レモニー・スニケットと世にも不幸せな物語
5.ボーン・アイデンティティ

 

この次にシリーズ続きで
ボーン・スプレマシー
それに
セブンや、アリス・イン・ワンダーランド
ってことかなぁ

 

今回は割と新しめな作品ばかりですね。
全部2000年以降、かな?

 

あ、1位のインディはもっと古いか。

 

といっても、インディは私の中では一番好きな映画シリーズとも言えるので、

 

インディ外してランキングした方がいいかもですねぇ。

 

ま、、ともかく結果は以上!

 

簡単に選んだ理由でも書いてみますか。

 

まず1位。インディシリーズはとにかく好きなんです!特に最後の聖戦はインディの帽子の秘密とか分かるし、お父さん出てくるしで、普段とは少し違うインディの顔が観れる映画なんです!!

 

2位ズートピア。
話題ですね!人間の差別的な世界を、上手いこと動物で表現していて、これが子供にも分かる社会の縮図か、なんて思ったり。
でも本心は、ニックの憎まれ口と表情が好きだからですかね。全編通して、毛のモフモフ感が半端ないです。

 

3位ゴーンガール
衝撃作でした。今やってるドラマ、僕のヤバイ妻なんかはこれとほぼ同じ感じ。
でもデヴィットフィンチャーの表現する、色使いとかが独特な世界観になってます。どうしようもなく終わるのとか、想像を掻き立てよね。

 

4位レモニー・スニケットと、、、
これはジムキャリーが一度に3度、いや4度美味しい作品です。不幸せな話なんだけど、本質はコメディ。大人が子供で、子供が大人な映画。ジムキャリー好きは必見です!

 

5位ボーン・アイデンティティ
マット・デイモン演じるジェイソン・ボーンがとにかくかっこいい!シリーズ全部でかなりストーリーがリンクしてるので、一気見をオススメします。

 

長くなってきましたし、そろそろ切り上げます!
次回6月分もお楽しみに!

 

それでは~

“5月に観た映画でランキング。” の続きを読む

LINEで送る
Pocket

休日の中の休日

LINEで送る
Pocket

GW始まりましたね

社会人初のGWはこれでもかってくらい休みなクロです

 

どこいっても混んでるしお金ないし、、
ハッキリ言って持て余してます

 

さてさて、というわけで
GWも初日と2日目が終わったわけですが

 

しかも5月にも突入しちゃったわけですが

 

とにかく休日の中の休日を満喫しています

 

とにかく本を読んで
映画を見まくって

 

1日1冊
1日1本

 

という目標

 

一昨日、昨日で一気に追い上げました

 

といっても結果は

 

本21冊
映画22本

 

でしたが…

 

ま、ワンクール丸ごと見たアニメや舞台を加えれば映画の方は32本になるのでクリアってことで。

 

映画はともかく本はなかなか達成できないですなぁ

 

でもせっかくなので今月のベスト3を決めてみます

 

まず本!

 

1.幸せになる勇気
2.シェイクスピア 人生の名言
3.ITと呼ばれた子

 

4位は
アンドロイドは電気羊の夢を見るか
かな

 

今月はかなりいい本に出会えました

 

映画は(舞台、アニメは除きます)

 

んー、悩む、、、

 

1.レオン
2.トップガン
3.タンポポ

 

かなぁ
ブレードランナー
グロリア
最新作のアイアムアヒーローも良かったけど

 

これで!

 

今月は少し古い作品に触れる機会多かったんだな。て思わせる作品並びですね

 

最近、仕事先の先輩達から映画のこと聞いてたから、その影響か。
てこんなこと言ったら先輩が私にとっての親と同世代って分かっちゃいますね

 

映画見るのも楽しいけど
それを誰かと話すのが楽しいですよね!

 

今日は噂のレヴェナント見てきます

 

それでは!

“休日の中の休日” の続きを読む

LINEで送る
Pocket