オリジナルミュージカル「魔女ののこした魔法」終演

LINEで送る
Pocket

生まれて2度目のパーマをかけました 。

 

どうも、クロです。

 

先日、渋谷駅で美容師の方に声をかけられ

ショートでパーマになりました。

 

 

何もしなくても、髪型いい感じになって

いいですね。パーマ。笑

 

 

 

 

さてさて、

6月中旬から用意してきた、オリジナルのミュージカルが終演しました。

 

 

 

脚本をお願いし、

上演できる場所を探し、

稽古して、歌音源編集して、パンフ作って、手紙書いて…

 

 

いやぁ。色々ありました。

 

 

 

舞台製作の素人が集まり。

なので、本番当日まで色々不安要素が多く、できるのかこれ?

と不安にもなりましたが、無事大きな事故や問題もなく

幕が上がって、下ろすことができました。

 

 

というわけでここらで、

 

今回作成した当日パンフレット。

 

 

テーマは旅行。

ラストシーンで、旅立つ主人公をイメージして作りました。

 

外側がトランクケースで、

中身はその旅行に行った時の旅行記みたいなイメージです。

 

 

話は戻りますが、

当日は45人ほどのお客様に来て頂きました。

 

 

私は今回、台本上ではBという役どころ。

 

A=かなえ という女の子の主人公

に対してBという役は

(やはり2人ではミュージカルを作るのは難しいのでw)

 

双極性障害を抱えたかなえの母、

中学からかなえを預かる母の友人の文子さん、

かなえが作り出した物語の中の女の子 みすず

 

この3役を兼ねた役でした。

 

 

母!!

なんてやったことなくて、

しかも双極性障害??

 

からの、小児科医の文子さん。

 

そしてこの中では得意ジャンルとも呼べるファンタジーの登場人物みすず。

 

 

正直、普段少年役が多い私にとっては、、

少女?母?大人の女性??双極性障害???

 

と、?????が浮かぶ役でした。

 

 

色々インタビューしたり、

自然な演技を研究したりと、

なんとか形にはなったかなと思います。

 

 

少しは役の幅が広がっただろうか。

 

 

終演後は、なんだろね。

終わったという安心感と寂しさ、そして次へのワクワクが残るよね。

 

 

あーー、、

早く次回公演決めたい!!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA