LINEで送る
Pocket

家で飲むコーヒーは、

だいたいカルディの「スペシャルブレンド」なクロです。

 

コーヒーのお供には、やっぱりチョコですよね〜

 

 

 

さてさて、

今回は読書感想ブログです。

 

 

作品はこちら。

 

 

 

『コーヒーが冷めないうちに』

 

2015年の出版の作品で、

電車の広告でよく見て気になっていましたが

やっとこさ読むことができました。

 

 

この

「コーヒーが冷めないうちに」

というフレーズ、

 

いいですよね。

 

 

カフェ好きな私には、たまらない一言です。

 

 

ちなみにこのフレーズ、

作中でも、重要な一言だったりします。

 

 

 

この本は、

あるカフェでの不思議な現象。

 

「その席に座ると過去に戻ることができる」

 

その席に座った4人(5人か?)の

短編4作を楽します!

 

 

過去に戻ることはできるが、

現在は何も変えることができない。

 

過去に戻って会えるのは、

このカフェに来た人だけ。

 

過去に戻れるのは、

コーヒーが冷めるまでの短い時間。

 

 

様々な誓約がある中で、

過去に戻ることを決める人たち。

 

 

たとえ今が変わらなくても、

 

言えなかった言葉。

伝えられなかった想い。

 

そんな隠していた感情を、

例え自己満足だとしても伝えることができたなら。

 

 

あなたは何が変わると思いますか?

何を変えることができると思いますか?

 

 

 

言えなかったことが、あの時言えていたら。

 

今は変わらなくても、

あなたの心境にはきっと何か変化があるはず。

 

 

心につっかえていた悩みや後悔。

 

口に出したり、ノートに書き出すことで

解決に近づくことがあるとは思います。

 

 

でも、

もし過去に戻ってその想いを伝えられたら。

 

相手の本当の想いに気づくことができたり、

決心つかなかったことに踏ん切りがついたり、

過去にとらわれずに、未来への一歩を踏み出したり、と。

 

 

 

明日を生きる糧になる。

変わるのはあなた自身の心の方。

 

 

そんな物語です。

 

 

私には、

まだ、過去に戻ってまで変えたい過去や、

伝えられなかった想いがあるわけではないですが、

 

きっとそういう思いは、

これから周囲や自分の中に起こる変化の中で、

芽生えてくるのでしょうね。

 

そんな時に、

この物語をほっこり思い出せたらいいな、って思います。

 

 

ということで、

 

 

 

 

 

でした!

 

すごく読みやすい本なので、

ちょっとした旅行や、電車の中、

もちろんカフェで読むのにももってこいの作品です!

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA