パーソナルコーチングを体験してきた

LINEで送る
Pocket

冬はやっぱりピザまん。

チーズを伸ばして遊ぶクロです。

 

なんで冬に食べるピザまんってあんなに美味しんでしょうね。

ちなみにファミマのピザまんが特に好きです。

 

 

さてと、

みなさん、「コーチング」ってご存知ですか?

 

 

スポーツ業界では特に有名で、専属コーチのようなものです。

 

 

実はスポーツだけでなく、

会社で、上司が部下を指導する、なんて局面でも活躍してます。

 

 

そして今回、私が体験してきたのが

「パーソナルコーチング」

アメリカの経営者は7割以上もつけているという、

 

自分の目標達成を加速させる、専属コーチです。

 

 

なんかいまいちやる気が起きなかったり、

目標はあるんだけど行動できなかったり、

そもそも夢や目標がなんだかわからなかったり、

 

などなど、

経営者やスポーツ選手じゃなくたって

人間ていうのは、様々なことに悩むものです。

 

 

そういった時に、あなたをアシストしてくれるのが

「パーソナルコーチ」です。

 

 

具体的に何をするのかというと、

あなたと対面もしくは電話で、話します。

 

言っちゃえばこれだけです。

 

 

その話し方、というのは特殊技能ということなんですが

 

 

 

今日、自分自信を被験体として

プロのパーソナルコーチの方にコーチングしてもらいました。

ちなみに、こういう話す機会を「セッション」と呼びます。

 

 

で、30分ほど色々な質問に答えていくと

一人ではたどり着かない答えに、いつのまにかたどり着きました。

 

 

体感、って大事ですね。

これが「コーチング」かと、納得できました。

 

 

今回、体験しにいったのは

実は、自分自身がコーチになってみようかという思いがあるからなんです。

 

 

実は既に明後日、

未熟ながらも、早速一人セッションすることになりました。

 

 

ゆくゆくは資格習得もすると思うので、

ひとまず

 

「クロコーチ化計画」

 

うまくいくか、

お見守りください。笑

 

 

ぜひ被験体になりたい!

なんてマニアックな人がいたら、こっそり連絡してくださいね〜

鋭意勉強中のみですが、全力で臨ませてもらいます。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA