怪盗とオルゴール 観劇

LINEで送る
Pocket

久しぶりにドラム叩きたい

 

クロです。

 

 

 

大学在学中に実は

バンドサークルで少しだけ

 

ドラム担当してたのですが

 

また、ちょっとドラムを叩くことになりそうで

 

 

部屋の奥から、あまり汚れてない

スティックを出してきました。

 

 

勘を取り戻さなきゃ。

 

 

 

 

 

さてさて、

 

後輩の卒業公演を観てきました。

 

洒落たデザインだぜ。

果たして彼女は誰なのか…

 

 

 

私が大学で2年間入っていた

ミュージカル愛好会という名のサークル。

 

 

本当にミュージカルが好きな人ばかりがいるこの団体。

ナードグラフィ。

 

 

で、今回初めて

モノホンの卒業公演が叶いました。

 

 

というのは、

去年私が自分のわがままでやった卒業公演もどきは

キャスト5人のうち2人しか卒業生がいないという。

 

あと、その公演の目的自体が

卒業公演という自分たちの集大成よりも

 

このサークルを作ってここまで続けてくれた

後輩であり、サークルの先輩である

メンバーへの感謝と、苦労を労りたい。

 

 

という趣旨だったので

公演名も「功労会」でした。

 

と去年の話はこの辺で

今回の「功労会」のお話に!

 

 

 

今回は、なんとスタジオを借りての外部公演!

学校の教室から離れて、ここまでできるようになったかと、

少し羨ましくもありました。

 

しかも、階段を使うという演出!

 

右にも左にも階段。

移動式の方は結構揺れてたね。

 

初外部公演に、初階段!

 

舞台が、ミュージカルが大好きなメンバーだからこその

 

劇場選択と、演出への愛が溢れていて

 

 

脚本を書いたもちゃも、本当に喜んでたなぁ。

一番右下のが脚本家ね。

 

キャストと一緒に。

いつものわちゃわちゃタイムです。

 

 

そしてそして、

言わずもがなの、選曲の素晴らしさ!

 

 

よくもまぁいい曲が出てくるわ。

それを皆知ってるわ。

 

まだ観たことない作品があるのか、と

毎回勉強不足を痛感させられます。

 

 

でもま、なんといっても今回1番の見所は

 

キャスト全員が、卒業生で

このメンバーでこの作品を作り上げた

 

ということ、だよね。

 

 

みんな配役もばっちりで

 

相変わらずなミヅキのキャラと

そのバランスが最高なサキ

 

初キャストで笑いも取っちゃうカナカナ

と、それに便乗してくるアユミ

 

七変化しまくるシミちゃんに

翻弄されながら答えを見つけるまっすぐなカエデ

 

 

この作品を書き上げるもちゃもやっぱりすごいし

 

 

本当、みんな最高です。

 

 

来月にはみんな社会人になって

 

今までとは

全然違う日常が待ち受けてると思うけど

 

 

好きなものを好きって貫き通せるみんななら

 

何も心配いらないでしょう。

 

 

と、いきなり先輩ぶってみる。笑

 

 

社会人一年目、会社では子供扱いされるからさ。

たまには先輩風を吹かせたいのだよ。苦笑

 

 

 

いや、会社関係なく自分はかなり子供だとは思うけどね。

 

 

 

いつもクロさんって慕ってくれてありがと。

と、この場で感謝しておきます。

 

 

今度、社会人になったの会でも開催するかな!

 

 

何はともあれ、

こうやってやりたくて始めた何かが引き継がれていく

 

ということは、嬉しいものですな。

自分の残した足跡が続いてる、みたいなさ。

 

さてさて

長くなってしまったので今日はこの辺で。

LINEで送る
Pocket