朗読劇 BLOOD+〜彼女の眠る間に〜 観劇

LINEで送る
Pocket

最近の日課は柑橘類を食べること。

 

いつ肌が黄色くなるのか

その時を身構えているクロです。

 

 

ビタミンは大事だぜ。

の一言から、なんか毎日1みかん

(ここでいうみかんとは、ぶんたんやいよかんを含む柑橘類のこと)

 

生活で、ビタミン充してます。

 

 

 

さてさて、

かれこれ10年はファンをしている

 

声優の石田彰さんが出演する朗読劇に行ってきました。

 

10年前にアニメやっていたBLOOD+という作品です。

 

こちらパンフの表紙。

台本も入ってます!!

 

 

もうね、まずは生声に感激。

 

 

 

今回のこの朗読劇のために

当時みてなかった原作を全部見ました。

 

 

いやはや、まさか

4クールものだったとは。

 

 

2月中に見れるか怪しかったけど案外余裕でした。笑

 

 

BLOOD+という作品はご想像通り吸血鬼もの、なんだけど

吸血鬼ものじゃないというか。

 

 

少女と日本刀。

主従関係。

モンスター討伐。

戦争。

 

といった要素を集めたダークファンタジー。

 

原作では、現代を描いているんだけど

今回の朗読劇では、第二次世界大戦直後の話。

 

一言で言えば、スピンオフ。

 

 

なんか色々ネタバラシとかいやなので細かくは書かないけど

キャストと演奏と演出がすごかったことを伝えたい!!

 

 

原作にも参加している実力派の声優4人。

生の朗読劇でも噛むこともなく、朗読なのが余計想像力を掻き立ててくる。

 

私の目には、ホテルも部屋も、城も村も目に映っているようでした。

 

 

そして超パワフルな演奏。

とにかくかっこいい曲ばかりで・・

 

なかでも感動したのは、ハジが弾いているチェロの生演奏。

荘厳すぎて、息止まる勢いでした。

 

 

藤沢朗読劇になくてはならない、演出もすごかったです。

パンフの台本を読んだけど、煙のこととか、照明のこととか

脚本の段階でかなり決まっているんだなぁ。

 

 

 

と色々書いててもね、

結局生のあきらさんの声が聞けたのが何より嬉しいわけでして。

 

 

宿屋の主人のお調子者感と怪しさ感。

じいのまっすぐで優しい感じ。

 

どちらも素敵でした・・・

 

みんな楽しそうだったなぁ。

 

 

 

朗読劇、これからもっと増えて欲しいこの頃でした。

 

 

個人的に気に入ったセリフで幕を閉じようかと、思います。

 

 

 

「人はみな、誰かのシュバリエなんですね」

(シュバリエとは騎士の意)

LINEで送る
Pocket

名刺がさ、できたんだよっ!

LINEで送る
Pocket

急に声が出なくなって早4日。

 

さすがにやばいと思って病院に行ったらインフルって言われたクロです。

 

 

この歳になって初めてインフルかかりましたが。。

絶対インフルじゃなかったと思います。笑

 

というのも、その次の日には38°の熱は平熱に戻り

ご飯は普通にもりもり食べ、昼は1日アニメ見て過ごすという。

 

 

なんか喉だけは、声帯やらかしたからいまだに本調子ではないですが

絶対に、インフルエンザではなかったよ。

 

自宅謹慎しなきゃだから

ただのサボりのニートみたいになってます。

 

 

 

 

さてさて、サボリニート生活してる間に

先週注文した、名刺が!!

 

ついに届きましたー!!!

 

 

 

じゃんっ!!

 

 

こんな感じ。

かなり子供っぽいデザインにしてみました。

 

 

宝の地図をベースに、ロゴも入ってるし

クロの写真も入ってるし、HPのQRコードも!

 

 

うんうん!

なかなかいい感じ!!

 

 

個人的に気に入っております!

 

 

 

調子乗ってたくさん注文しちゃったから

頑張って配らなきゃwww

 

 

 

欲しい人、あげるから連絡ください、とか言ってみたりして。

 

 

 

 

いらなくても、きっと次直接会った時に渡すと思うけど。笑

 

 

いやぁ、これでまた一つ夢が叶いました。

年末に念願のHPをつくって

 

今度はそのQRコードが載ってる名刺をつくって。

 

 

今年は、本気です。

 

 

というのが伝わってくるだろうか。

 

必要な装備を集めて、これから冒険に出発する。

 

 

 

そんな気分のクロです。

 

 

 

このHP、名刺というのを足がかりにして

マルチエンターテイナーの名に恥じない行動をしていきますので

 

みなさん、改めてこれからもヨロシクお願いいたします。

 

 

それでは、本日はこのあたりにて御免っ!

 

LINEで送る
Pocket

仕事開始1周年記念

LINEで送る
Pocket

「BLOOD+」を一気見中のクロです。

 

今月18日の朗読劇に行くため

予習を兼ねて、毎日DVD1本ずつ見ています。

 

 

内容スピンオフなのに、元を知らないというのもね。

 

 

と思ったら、まさかの4クールもので・・

 

焦っています。

ちなみに、現在折り返しで8巻まできました。

 

 

 

 

さてさて、

 

2月で今の仕事を始めて1年が経ちました。

 

普通は4月からが、新社会人の基本的なスタートだと思うけれど

 

私は、大学4年の最後の春休み。

どこに行くお金もなく、バイトにも飽きていたので

 

2月から社会人になることにしました。

 

度々仕事のことはここにも書いているけど

一応、テレビ番組のADをやっています。

 

 

よくADって大変そうって言われるけど

私の担当してる番組はそうでもなく

上司も私のことを大切に思ってくれているようで

 

 

かなり楽しく働いています。

 

個人的には、バイトや学生生活より

 

できること、やれること、責任があること

 

幅が段違いで、とっても楽しいです。

 

殻が破れて世界が広がる感触とでも言うのかな。

 

 

 

 

 

それまでにもたまに言われたけど

私、学生向かなかったんだな。

 

というのが、よくわかりました。

 

 

教えられるとやる気をなくす、という性格に学校は無力だ。

的な。笑

 

 

 

で、一年やってみて何か変わったかな、って考えてみたんだけど

 

どうだろう。

 

 

個人的には、そんなに変わらず相変わらず気分屋のクロのまま。

 

 

だけど、そうだね。

 

 

なんか成長速度が上がったこと。

大人でも子供でもコミュニケーション取れるようになったこと。

早起きができるようになったこと。

 

だけは、認めてあげてもいいかな。

 

 

最近読んだ本に、

 

どんな仕事でも、一生懸命全力でやれば

自ずとやれる仕事が広がっていって

自分のやりたい仕事につながっていく

 

 

って書いてあって

 

今の仕事楽しいけど、全力でぶつかる感じではなくて

 

 

そこがこれからの課題かな、と。

 

 

2年目は、私の中ではもう延長戦なんで。

 

 

 

今年はステージをあげて、

もっと自由にもっと幅広くもっとでかいことやる。

 

 

よし、でもまずは目の前の仕事を片付けようかな。

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

「世界会議」観劇

LINEで送る
Pocket

私の、節分の恵方巻きは毎年ファミリーマート。

 

恵方巻って一本まるごと一人で

しかも食べてる間は喋っちゃいけない。

 

 

らしいのに、

つい親から「おやすみ」と言われ

「おやすみ」と喋ってしまったクロです。

 

策に弄されました・・笑

 

 

 

それまで黙々ともぐもぐしてたのに。

 

 

 

さてさて

 

昨日は吉祥寺シアターで上演中の

小池博史脚本・演出の

「世界会議」

という作品を観てまいりました。

 

この作品、あの世かこの世か、この世かあの世か

 

よくわからない作品でした。

 

 

舞台は一応、死者の国。

 

 

登場人物は

 

ヒトラー

毛沢東

ジャンヌダルク

マザーテレサ

空海

ガンジー

と、くまさん。w

 

いや、くまのインパクト半端ないです。

 

 

 

なんか、どう表現していいのかわからない。

とっても前衛的と言うか、才能の塊というか・・

 

 

まず驚いたのは、キャスト全員の身体能力の高さ。

 

約90分の公演時間。

ほとんど全員舞台上で、体を動かし続けている。

 

ダンス、と呼べなくもないけど

もっと、何かを表している身体表現としての振り付け、で

 

裸足で舞台上を駆け回るわ飛び回るわ

倒れまくるわ、転げまわるわ・・・・・

 

 

とにかく、すごかった。

 

 

こんな舞台、初めて見ました。

 

 

パンフレットに、左脳で考えないで右脳で感じて欲しい。

と書いてあったのですが、もはや何を考えていいのかすらわからない。

 

そんな舞台でした。

 

 

脚本はちょっと私の理解を超えていたけれど

 

もう一つの魅力は

口琴・ボイパ・ジャンベ・サックス・竜笛 そのほかたくさん

 

 

の楽器の生演奏。

 

どうもこれ、秒単位で鳴らすタイミングが決まってるらしく・・

 

 

 

いや、3人で演奏してるとは思えないほどの音の広がり。

 

 

正直、演奏とっても忙しそうな3人を眺めてても楽しめるんじゃないかなこの舞台。

 

 

いや、とにかくなんだかすごいものを観ました。

 

偉人の役演じるの大変そうだな、とか観る前は思ってたけど

 

 

そう言うレベルじゃないですね。

 

 

もちろん、役者の方々はその偉人に見えましたし

とにかくかっこよかったです。

 

 

理解を超える、ってこういうことなんだな。

 

 

と一つ勉強になったクロでした。

バック転できるようになりたいなぁ。

LINEで送る
Pocket

「ブックショップ」 観劇

LINEで送る
Pocket

2月になってしまいました。

 

2日に一度の観劇ラッシュという

嬉しいけど大変な1月末を迎えていたクロです。

 

そろそろいい加減に

更新しようかと思います。

 

 

と、いうことで

今日も観劇レポートです。

 

今回はこちら

「ブックショップ」

 

 

本屋

インイングリッシュです。笑

 

見たのもう半月も前なんだけど

後輩が主役を演じていたので、書かねば!なのです。

終演後ロビーにて。

おでこがとっても綺麗だ。w 

 

さてさて

こちらの作品。

 

とってもハートフルな恋愛ものです。

 

物語は、本が大好きな主人公が、

念願の自分の本屋を開くところから始まります。

 

でもその本屋には幽霊が出るという問題が!

 

前の店主だというその幽霊の悩みを解決しないと

いつまでもその店に住み着くことになってしまう。

 

これでは本屋としてやってけない。

ということから二人は協力、、していくんだけど

 

 

その協力のシーンがとにかくコメディ!

 

 

・幽霊が主人公にしか見えない、という演出の仕方

・舞台セットの活かし方

・役のキャラクター性

 

もう、とっっっっっっっても笑いました!!

 

 

夢見てる時とかほんと最高ww

 

 

最終的には恋愛に落ち着くのだけれど

 

そこにもっていくのの

展開の仕方がよくて。

 

とっても素敵な本でした。

 

 

キャストも4人と少ないながら

それぞれの味がみんな出ていて

とってもまとまりのある、完成度の高い作品でした。

 

幽霊が消える描写

あれ、どうやってるんだろ?

 

いちいちおしゃれな演出で

心の中で感嘆の声をもらしてました。

 

なんだかとっても脚本を書きたくなる作品でしたね。

 

普段は演じたくなる、んだけど

今回は書きたくなりました。

 

 

本屋っていう設定もいいよね。

幕開けで、主人公がいかに本好きかを秒速で魅せていくんだけど

そこの息の合い方とかも完璧でした。

 

 

さぁてと。

 

そろそろ私も何かオーディション受けに行こうかな!

それでは!

LINEで送る
Pocket