青祭公演 ミュージカル「あ・くしゅ」観劇

LINEで送る
Pocket

猫の毛だらけの冬服コートを

クローゼットから出してきたクロです

 

 

秋、あっという間でしたね・・

 

 

なんで日本は暑すぎるか

寒すぎるかの季節が長いかなぁ

 

 

 

ま、天気に左右されるような小さい人間は卒業しろ

ということですかね

 

 

さてさて

 

もう一週間前ですが

 

母校の学祭にお邪魔してきました

 

 

 

前回は青祭ライブ初参戦の話でしたが

 

今回は身内のお話

 

 

 

知っての通り

 

私は大学在学時

ミュージカル愛好会に所属してました

 

そして、

毎年学祭ではオリジナルミュージカル公演を行っていました

 

 

で、今年は

卒業して初めて

後輩たちのつくった

自分の関わっていない

ミュージカルを

 

観劇しました。

 

 

 

 

 

「あ・くしゅ」

 

というタイトルの

人形がご主人を応援する話

 

ちょっと簡潔にまとめすぎかなw

 

 

トイストーリーらしさも少し感じるけど

主人公は人間の

 

でも

人と人形のおりなす人間ドラマ

 

 

思わず泣かされました

 

 

 

個人的に好きなところは

 

主人公アメに対して人形が

 

 

私たち人形のことは簡単に忘れるのに

 

人間の友達のことは忘れないのか

 

 

と問いかけるシーン。

 

 

確かに人形だけど。

人形は人形以上でも以下でもないけど

 

 

人形を人が演じているからかな

 

自分もその人形と同じ心境になってしまいました

 

 

一緒にいた時間だって

相手を思っている時間だって

自分の方が長いのに。

 

なのになんで人間の友達のことは忘れないって

言い切れるんだ!

 

 

その怒りのような

切なさのような

やり場のない感情

 

 

ジキちゃん

とても良かったです。

 

 

 

 

 

みんな新しい面も見れたし

すっごく成長してて

 

書きたいし

自分も芝居したいし

おさまらないんだけど

 

 

とっても長くなっちゃうからね・・

 

 

それは個人個人にってことで。

 

 

 

くぅ。

 

いいものを観た後の

この行動しなきゃな想い

 

 

 

どこにぶつけてやろうか・・・

 

 

 

とにかくみんなお疲れ様でした。

 

今回の公演ができたみんなをとても羨ましく思ってます

 

 

 

なんかやりたいな〜

 

クリスマスあたりになんかやるかな。

 

 

 

 

それでは!

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA