LINEで送る
Pocket

こんにちは!
 

ちょっとブログのこと忘れかけてました…危ない危ない。
話したいことの鮮度が落ちてくると、何から話すか悩んじゃって。とか言いつつ、情報の鮮度ギリギリなテーマで今日はお話しますね!笑

 
 
 
 
 

先週水曜日
3/9に
ミュージカル、ジキルとハイド
を観劇してきました!

 

 

もう1週間も前のことなんですね

 

この日は休みをもらえたので同じ日の昼公演を見てた友達とそのお母さんとカフェでネタバレない程度に話を聞いてから
本命の夜公演に向かいました

 

しかもサークルの中でも割とレアキャラな団長さんと。
2人でどこか行くのは初めてだな

 

仲間になってからそろそろ2年なのにね。笑

 

観劇そして、ご飯を食べて
また新たな一面を発見しちゃいました
見た目はすっごいクールビューティなのに
中身はそうじゃないとことか。笑

 
 

さてさて、本題のジキハイですが

 

すごかったです。
石丸幹二さん。

 
 

大学1年の時夏休みの課題で
英語でシェイクスピア読む
っていうのがあったんですけど、

 
 

…なぜか私ジキハイ英語で読んでて

 
 
 
 

何を勘違いしたのかなぁ…
なんて思い出のある作品です。

 

ま、英語じゃ訳分からなかったんですけどもww

 
 

内容はご存知

 

ヘンリー・ジキル博士が自分の中の悪、エドワード・ハイドと戦う話。

 

ちょっとまとめ過ぎか。

 
 

でも本筋はこれ。

 

そこに政治とか、人間関係とかが関わってくると。

 
 
 

ジキル博士が作り出した人間を理想の状態にする薬
つまり人間のマイナスな感情、悪の部分を無くす薬
これを自分で人体実験するのが物語の発端

 
 

今思えば、この考えが悪の始まりでもあったのかもしれない
必要ないから消してしまうって
嫌いだから殺すのと似た感覚だと思うから

 
 

とまぁ、こんな流れでジキルは普段抑えていたハイドに意識を呑まれてしまいます

 
 

それにしても
ヘンリー・ジキルに
エドワード・ハイド
どっちもいい名前だよなぁ

 

私、割と名前フェチなとこあるんですよね
ハムレットとかそう意味でも大好きですw

 
 

話は戻して

 

このジキルとハイド
二重人格をですね
石丸さん、演じ切ってました

 

表情とか声の出し方とか全く別物で!
勿論衣装や照明の助けはありましたが
後半になるにつれて激化していく2人の争い、見事でした

 
 

そして濱田さん
綺麗で可愛くって歌上手くて
やっぱり別格だなぁ

 

ちょっとベットから血が出てるのはツッコミたかったけど。

 
 

あと禅さん。
あの髪型が絶妙な似合い具合で。この作品で1番好きなキャラクターでした

 
 

ここまで役者とかキャラについて語ってきたけど
でもこのミュージカルの一番の見所は、フランクワイルドホーンの音楽です

 

耳残りのいい曲ばっかりだし
アンサンブルが出る場面の曲は迫力あってかっこいいし
生演奏だし!

 

CDも買うか、かなり悩みます…

 
 

うーん、、でも金欠は否めないんだよなぁ

 
 
 
 

ともあれ、
素晴らしい作品でした

 

東京だと見られるのあと5日くらいなので、興味ある方はお急ぎを!

 
 

それでは、書くこと溜まってるのでこの辺で!

 
 
 
 
 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA